ディープソケットはあると便利

作業工具
スポンサーリンク

ソケットレンチは多くの方が持っていると思います。

でも、ソケットの深さが足りなくて、不便に感じた事ってありませんか?

そんな時はディープソケットがあると便利です。

私はちょくちょくそんな場面に出くわします。

ナット側を外すとき

ボルト側は回すことができそうもないからナットを回して外したい。

ソケットレンチを使おうと思ったが、ボルトが結構長いものを使っていてナットからボルトが出っ張っており、ソケットを差し込もうとしても届かない。

こんな時にディープソケットがあると簡単に外すことができます。

でも、メガネレンチでもいいのでは?

たしかにその通り。

メガネでも回すことはできる場合もあります。

ご存知だと思いますが、ソケットの先端を輪切りにしたような形状のもの。

でも、メガネレンチの場合、ナットを外すためにレンチを回すスペースがかなり必要になります。

実際の機械の周りには壁があったり、物が後から取り付けられていたりして、レンチを回すスペースがない、ということがよくあるのです。

こんな時にはディープソケットがあると本当に助かります。

おすすめのディープソケットは?

ほとんど使わないと思うなら、使用するサイズだけ購入するのも悪くありません。
でも、こういうのってあれば便利で簡単に作業が終わる。
無ければ時間をかけて、非常に苦労してボルトやナットを回さなければいけないというようなもの。
持っていると作業時間を短縮したり、ミスを減らせたり、いいことばかりです。
できればセットで購入したいですね。


SK11(エスケー11) ディープ ソケットセット 差込角 9.5mm (3/8インチ) 8・10・12・13・14・15・17・19mm SHS308D


KTC(ケーテーシー) 9.5mm (3/8インチ) ディープソケット セット 10個組 TB3L10


TONE ディープソケットセット(6角・ホルダー付) 12pcs HSL312

この3種類。

ほとんど使わないという方は、一番上のものがおすすめ。

この価格なら、まったく使わないかもしれないけど、持っているといつか使うかも、というくらいでも購入できますね。

2つ目と3つ目は、そこそこの値段ですが、長く使おうとしたり、使用頻度がある程度ある場合は、やはり安いものとは違います。

個人的には、真ん中のKTCがおすすめ。

というかこれを持っています。

理由は、サイズが一番。

7から22までのディープソケットが付いており、M4からM14までメートルねじのボルトナットに使用できる。

私はほとんど普通のボルトにしか使わないからこれが一番いいんです。

上のと下のは8からでM5からになる。

まあ、M4なんてほとんど使わないのですが、ごくまれに使いたくなるので、それがあるということが私としては重要でした。

後はソケットの長さも違うので注意してください。

下のTONEの物とKTCのもの、写真を見るだけでわかると思いますが、長さが違うように見えませんか?

実際に長さ違います。

例えば17のソケットを例にするとTONEのは全長54mm。

KTCの全長は70mm。

KTCのほうが16mm長いことになります。

54mmもあれば十分かもしれませんが、あと数mm長ければ使えたのに・・・という状況になったら目も充てられません。

やはり長いほうが使い勝手がいい場合が多いので、値段優先ならSK、多少高くてもということならKTCかな。

TONEの値段はその間で、ソケットの数は多いからお徳とも言えるのですが、ソケットのサイズが、9、16、18とか私があまり使わないサイズが入っていて数が多いんです。

メートルねじばかりで、たまに12や14を使う程度の私には必要なかったです。

ただ、こう言ったサイズのボルトを回す方には、ディープソケットセットとしてはTONEを選ぶしかありませんね。

ソケットレンチの差込角はいくつがいい?

上の3つの差込角は、すべて9.5mmのものです。

この差込角というのは、ディープソケットだけの話ではなく、普通のソケットでも同じで、ソケットを取付ける四角いところの寸法のこと。

この四角の大きさが何種類かあるのです。

6.35mm、9.5mm、12.7mm の三種類。

たしかその上に19mmというものもあったと思いますが、まあ使うことはないでしょう。

ちなみに、なぜ6mm、10mmとかのきれいな数字ではないかというと、インチ由来の寸法だから。

差込角は他にもあるのかもしれませんが、普通に使うサイズはこの3種類でしょう。

個人的なおすすめは、無難に真ん中の9.5mm。

これだと、5.5から24くらいまでのソケットがあります。

これは、M3からM16まで。

普通に使うソケットレンチとしては十分なサイズがそろっているため9.5mmがおすすめです。

ただ、M16くらいになると工具メーカーとしては、12.7mmをすすめていますので、大きなサイズをよく使う方は12.7mmも検討してください。

ディープソケットは12角じゃなくて大丈夫?

上ですすめたものはすべて6角のソケットです。

普通のソケットは12角のものが多いような気がします。

ディープソケットは12角じゃなくていいのか?

ほんとうは12角のほうがいいとは思います。

でも、私が10年以上使っていて、6角だから使えなかったということは今のところ一度もありません。

たまたま大丈夫だっただけかもしれませんが、使用頻度などを考慮しても、わざわざ12角を選ぶ必要はないような気がします。

おすすめのソケットレンチセット

もしまだソケットレンチセットを持っていないようなら、これがおすすめ。


TONE(トネ) ミックスソケットレンチセット MX300

初めから、普通のソケットとディープソケット、さらに、六角のソケットまでついている。

私は普通のセットを持っているので買いませんでしたが、これを見つけたときは正直なんだか失敗した気分になりました。

ディープソケットセットを別で持ち運ぶと意外に持っていくのを忘れてしまったり、失くしてしまったりするんです。

どこか別の工具箱に入っていたりしてね。

やはりすべてが一つのケースに入っていたほうが安心ですね。

ちょっと高いからすぐには購入できませんが、いずれは購入するかも。

でも、さすがに同じ差込角のものだともったいないので、買うなら差込角12.7mmのこちらにしようかな。


TONE(トネ) ミックスソケットレンチセット MX400

コメント

タイトルとURLをコピーしました